借り入れ【審査】にはどのような項目があり、
何をチェックされているか知りたいと思う人は多いでしょう。

 

簡単にお金を借り入れすることができる。
と宣伝しているキャッシングでも、借り入れ審査は避けて通れません。

 

これまでにキャッシングを利用し、
借りたお金が期日までに返済しきれず何ヶ月か延滞したことのある人や、
複数他社のキャッシングを利用している人は申し込みをしても
審査で断られます。

 

ただし、電話料金や公共料金の延納履歴のある人なども、
審査に通りにくいことがあるようです。

 

ガス代、水道代などが払えていないと、
返済能力に問題があると見なされることもあるようです。

 

主婦の場合、本人が無職でも
配偶者に一定所得があれば借り入れ審査は通ります。

 

キャッシングの借り入れ審査の方法は
キャッシング会社によってそれぞれです。

 

同一条件で申し込みを行っても、
A社からは断られたのに、B社の審査は問題なく通ることがあります。

 

両社の審査基準が少しずつ異なるからです。

 

もし希望する限度額に達しなかったなら、
諦めずに他社を回ってみることも有効です。

アッサリと審査を通る会社も見つかります。

 

そして、他社を色々と回るときは、必ずバッグを持ってください。

それもカラダにぴったりとフィットするバッグのほうが良いです。

なぜなら、お金を借りられた時、
その現金をひったくって逃げていく輩がいるからです。

そんな輩はずっとあなたをマークしています。

 

キャッシング会社から出てきてすぐは、現金を持っている確率が高いですよね?

そんな人を狙っているのです。

ですから、現金はバッグに入れ、カラダに密着させていたほうが良いのです。

そんな時は、ドルチェード ボディショルダーが良いでしょう。

カラダにフィットしていますし、いかにも現金が入っている。
といった感じではないバッグですのでおすすめです。

 

お金があるときに購入しておいてほうが良いですね。

バッグはケチって安ものを買わないほうがいいでしすよ。

このよう使い道もあるわけですから。

 

そして、借り入れ審査では職場に在籍確認をするのが普通です。
とはいえ、
キャッシング会社の中では在籍確認を行っていないところもあります。

申し込み時の添付書類も会社によって違いますので、
申し込み前によく確認しておきましょう。

 

会社によっては、身分証明のできる書類は
顔写真がついた免許証などしか認めないこところもあります。

 

 

 

 

簡単すぎるキャッシングの注意点

 

キャッシングをするのなら、
少しでも利息の安い会社を見つけて融資を受け、
返済を楽にしたいものです。

 

キャッシング会社は全国で数え切れないほどありますので、
じっくりと金融商品の比較をしてよりよいところを見つけたいものです。

 

低金利を求める消費者の心理を逆手に取り、
ヤミ金融が待ちかまえていることもありますので注意が必要です。

 

低金利の魅力満載のキャッシング広告で消費者を引き寄せたりもします。

 

ひとたび消費者と連絡が取れれば、
手を変え品を変え、高金利のキャッシングを使わせたりもするのです。

 

悪徳業者によっては、金融公告を出しながら他社の商品を紹介し、
仲介手数料の名目で高額を要求してきたりもします。

 

パチンコ雑誌や成人向け雑誌には、
低金利でどんな人でも借りることが可能といった、
各種のキャッシング商品が載っています。

 

度を超えた低金利の金融商品は、むしろ警戒してしかるべきです。

 

6%以下の無担保型キャッシングという超低金利の商品などは、
並の営業努力で維持できるものではありません。

 

地方の銀行が融資するキャッシング商品でもない限りは、
6%以下という金利には何かあるかもしれません。

 

低金利の理由として、
広告でそれらしい理由をあげているところもありますが、
申し込みの前にはしっかり吟味して確認しましょう。

 

ヤミ金融かどうかは、金融庁のHPで登録業者の確認をすれば、
該当会社が正規の金融会社かどうか簡単に知ることができます。

 

 

 

 

破産宣告とは?

 

ちなみに、「破産宣告」とはどういうもので、

何をすればいいかご存じですか?

 

破産とは、クレジットカードで買物をしすぎたり、
サラ金業者からの借金がかさんでしまった時などに起こります。

 

支払わなければならない借金が、
全財産の全てを上回り返済ができない場合に
裁判所に手続きをとるものです。

 

債務者全員に対して、
債権者の財産をお金に換金して公平に分配するという制度が
「破産宣告」です。

 

債権者あるいは債務者が
裁判所に破産の申し立てを行うことが破産宣告の開始です。

 

破産宣告を受けるには、
裁判所によって破算宣告すべきかの審理を通らなければなりません。

 

破産宣告を受けると破産管財人が裁判所によって選ばれ、
財産の管理を行います。

 

破産した人が金銭に変えて
債権者に分配しなければならない財産を管理し、
分配する仕事は破産管財人が一手に引き受けます。

 

自己破産とは、
借りた側が自ら裁判所に破産を申し立てるものです。

 

借金を返済するどころではなく、破産手続きの費用もない人が
自己破産の申し立てをしてくる場合も存在します。

 

この場合は破産管財人は出さず、
破産手続きは破産宣告と同時に終わります。

 

このような形を、破産の同時廃止といいます。